会話を盛り上げるコミュニケーションの話題は、相手の自慢話

ロレックス(時計)の写真

引っ込み思案で人見知りの人にとって、友達との会話を長続きさせるのは想像以上のハードワークです。

 

なかなか会話が続かず、会話が途切れたことによって生じる無言と沈黙の時間に耐えられなくなってしまいます。

 

そうなると私たちは焦って、「何かしゃべらなければ」と頭をフル回転させますが、出てくるのは冷や汗ばかり。

 

困って愛想笑いを浮かべたりすることもあります。

 

本サイトの記事では、話題(ネタ)が浮かばないとき、どうしたら盛り上がる会話をできるかお伝えします。

 

実は、盛り上がる会話で大事なことは「面白いこと」を話すことではありません。

 

相手が話したがっていると思われる話題にふれ、聞いてあげることです。

 

1.相手が話したがっている話題とは「自慢話」

 

相手の話したがっている話題と言えば、多くの人は相手が「興味・関心のあること」と考えます。

 

それも一理ありますが、もっとも効果的な話題は相手が「自慢に思っていること」です。

 

相手の自慢話を引き出すことが、もっとも会話を盛り上げます。

 

私たちは「自慢に思っている」を聞かれると、快感を覚えて有頂天になります。

 

「興味・関心のあること」は、しょせん二の次でしかありません。

 

例えば、あなたが釣りに興味・関心を持っていたとしましょう。まだ初心者です。

 

そんなとき、友人が釣りの話題を投げかけました。

 

初心者なりに、釣りの面白さを伝えようとします。

 

ただ初心者なので、うまく説明できません。

 

このように、たとえ興味・関心のある話題であっても「盛り上がり度」では自慢話に劣ります。

 

 

一方、あなたがロレックスの高級腕時計をはめていたとします。

 

奮発して購入しただけに、自慢したくてなりません。

 

けれども、自分から友人にひけらかすのはためらわれます。

 

そんなとき、友人があなたの腕時計に気付いて「あれ! その時計、もしかしてロレックス?」と聞いてきたらどうでしょう。

 

あなたは「そうなんですよ。分かります?」などと、喜びを隠しきれないに違いありません。

 

人は「自慢に思っていること」を聴かれると、雄弁になります。

 

コミュニケーションの達人は、相手が「自慢に思っていること」を探し当てます。

 

相手の「自慢話」を切り口に、会話を盛り上げることができると知っているからです。

 

会話では相手が「自慢に思っていること」を探り、それにふれてあげるようにしたいものです。

 

1-1.「自慢話」に気付いてあげるのが思いやり

 

相手が「自慢に思っていること」を探し当てましょう。

 

努力すればできるようになります。

 

相手を観察するクセを身に付けることです。

 

相手の自慢に気付いてあげることが、何よりもの「思いやり」です。

 

 

人は、常に「承認欲求」があります。

 

「承認欲求」とは、「自分が価値ある存在と認められ、尊重されることを求める欲求」を指します。

 

相手の自慢話にふれることは、相手の「承認欲求」を満たすことにつながります。

 

「あなたは価値ある存在で、尊重されるべきですよ」と伝えていることになります。

 

だから「思いやり」なのです。

 

 

例えば、あなたが友人の家に初めて遊びに行くと、部屋には賞状や盾が飾られていたとします。

賞状と盾

 

段ボール箱にしまっておくこともできたはずですが、壁や棚にズラーっと並べられています。

 

一体何のためでしょう。

 

置く場所がないからでしょうか。

 

違います。

 

自慢したいからですね。

 

あなたは、すぐに友人が賞状や盾を自慢に思っていることに気付きます。

 

そして「すごいね。これだけの賞状と盾。一体何の賞をもらったの?」と聞くことでしょう。

 

友人は得々として語りだすに違いありません。

 

1-2.「無関心」は冷たい

 

私たちは、残念ながら他人の自慢話にはあまり興味がありません。

 

自慢話と分かれば「聞きたくない」として耳にシャッターを下ろします。

 

それでも自慢話に付き合いましょう。相手の承認欲求を満たせます。

 

わざと相手の自慢話をさえぎったり話の腰を折ったりすることは、冷たい仕打ちです。

 

 

1997年に87歳で亡くなったマザー・テレサは、インドの極貧の人々に手を差し伸べたカトリック教会の修道女ですが、「愛の反対は憎しみではなく無関心」と語ったと伝えられています。

「無関心」は「憎しみ」よりも、罪作りだということです。

 

考えてみれば、相手の「自慢に思っていること」を無視することは、相手の承認欲求を踏みにじる行為です。

 

つまり「愛」の正反対のふるまいとなります。

 

 

例えば、あなたが女性なら、デートのため、おしゃれなヘアースタイルに変え、かわいい洋服を身に着けたとします。

 

どんな気持ちになりますか。

 

「『かわいい』と言ってもらいたい」「認めてほしい」といったところでしょうか。

 

ところがやってきた相手の男性は、髪型にもファッションにもまったくふれません。

 

あなたは「私に関心がないのかなぁ」と思って、少し落胆するはずです。

 

あるいは、しびれを切らして「ねえ、この服どう? 髪を切ったけど似合う?」と尋ねるかもしれません。

 

 

このほか、あなたが男性なら、念願の高級外車を購入したとします。

 

ベンツ

 

スポーティーでツヤのある新車は、見ていてホレボレします。

 

あるとき、友人が来訪しました。

 

ところが、その友人は玄関前に止めてあるピカピカの新車を一瞥(いちべつ)しただけ。

 

あなたはどう思いますか。

 

「おいおい新車だぞ。何か言えよ」と不満を感じるはずです。

 

コミュニケーションを円滑にするには、相手が「自慢に思っていること」に気付き、ふれてあげることが効果的です。

 

仮に気付いても、ふれずに軽視するなら、愛のない冷たい人と映るでしょう。

 

2.相手の「自慢話」を深掘りしてあげよう

 

「自慢話」にふれることは重要ですが、深掘りしてあげることはもっと重要です。

 

うわべだけのホメ言葉にならないよう、相手の「自慢話」にとことん付き合うことは、会話を盛り上げる上では欠かせません。

 

私たちは、本能的に口先だけのお世辞やおべんちゃらを見抜きます。

 

そして軽薄なお世辞は、多くの人に嫌われます。

 

でも、あなたが率直に「すごい」「素晴らしい」と思ったことについては、どんどん深掘りしましょう。「質問」を重ねるのです。

 

なぜ「質問」を重ねる必要があるのでしょうか。

 

人は「自慢に思っていること」について「質問」されることが快感だからです。

 

 

例えば、自宅の庭に立派な露天風呂を造った老人がいました。

露天風呂

 

門を開けて入ってきた近所の住民が、もくもくと湯気の立つ庭の茂みを指し「あれは何ですか」と尋ねます。

 

老人は「露天風呂です」と答えます。

 

ところが住民は「そうですか」と言ったきり。

 

これだけで会話が終わったとしたら、どうでしょう。

 

恐らく会話は盛り上がりません。

 

仮に私が住民ならこう「質問」します。

 

「露天風呂ですか。何で露天風呂を庭に造ろうと思ったのですか?」

「湯加減はどうですか」「どんなときに露天風呂に浸かりますか」など。

 

老人は満面の笑顔で話してくれるでしょう。

 

 

相手が「自慢に思っていること」について、私たちは「質問」を重ねるべきです。

 

「自慢に思っていること」を深掘りしてあげるなら、相手は有頂天になります。

 

会話が盛り上がることは間違いありません。

 

3.まとめ

 

会話を盛り上げる鉄板のネタは、相手の「自慢話」であると心得ましょう。

 

相手が「自慢に思っていること」に気付き「質問」を重ねるなら、会話が途切れて気まずくなることはありません。

 

逆に「質問」を重ねれば重ねるほど、相手は恍惚(こうこつ)の境地へと舞い上がります。

 

会話の9割が相手の自慢話で、あなたがわずか1割しか話さなかったとしても問題ありません。

 

相手は「いやぁ、あなたの話は何て面白いんだ!」と感激すること請け合いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ロレックス(時計)の写真

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

学生時代は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間だった。成功した金持ちになりたくて、20代のときに自己啓発教材を買い漁る。心理学系の本や自己啓発系の本を読むのが好き。お金も好きなため、高額納税者で有名な斉藤一人氏の教えを実践する。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功した。