玄関チャイムのお薦め。ワイヤレスで室内でも音が聞こえるようになる!

玄関チャイム

その日は、佐川急便(株)の配達員が、通販で購入した本を玄関先まで届けてくれることになっていました。

玄関ポストに投函してくれたらいいのですが、専門書であるためか、配達員からの手渡しで受け取らなければなりません。

エレベーターが使えるとはいえ、たかだか本1冊のため8階まで来てもらうのは申し訳ありません。

まして不在で再配達させることになったら、気の毒です

幸い外出する予定がない日だったので、自宅待機することにしました。

ところが18時まで待っても、玄関チャイムが鳴りません。

おかしいと思って玄関のドアを開けると、ドアに佐川急便の不在票がはさまれていました。

15時頃に配達に来てくれていたようです。

気付きませんでした。

要は私が玄関チャイムの音を聞き逃したということです。

結局、せっかく自宅にいたのに、再配達をお願いすることになりました。

申し訳ないことをしました。

 

玄関チャイムの音が聞こえづらい

廊下に取り付けられている玄関チャイムが壊れているわけではありません。

人差し指でボタンを押せば、「ピンポーン」と鳴ります。

ところが子機がありません。

そのため、部屋にいると廊下で鳴る呼び出し音がかすかにしか聞こえないのです。

 

先日、楽天市場で新しいスタッドレスタイヤを注文しました。

※参考→2018.09.05「時計の革バンドと最新スタッドレスタイヤで迷ったら、これを選べ!」

 

配送業者は、またしても佐川急便です。

タイヤは重量物なので、再配達の手間を取らせるわけにはいきません。

事態を改善したいと思い、Amazonで試しに玄関チャイムがないかを調べてみました。

すると無線で送信機から受信機に信号を送る「Homasy ワイヤレスチャイム」という商品があるではありませんか。

玄関チャイム

※画像はAmazonの商品説明より

ほかにも検索すれば、中華製と思われるワイヤレスチャイムがゴロゴロ出てきます。

 

私にとって玄関チャイムは、使用頻度がさほど高いわけではありません。

重視したのは価格とレビューです。

今回は受信機がコンセント式で電池交換が要らない商品を選びました。

一千円台で買えるなどコストパフォーマンスもまずまずです。

玄関チャイム 玄関チャイム 呼び鈴

受信機、送信機、取扱説明書のほか、送信機を壁に取り付ける3M製の強力な両面テープ、ネジ、マイナスドライバーが付属しています。

玄関先に取り付ける送信機については、電池交換が必要となります。

送信機

※画像は、送信機のフタを付属のマイナスドライバーで開けた写真。

メーカーによる1年保証付きです。

 

メロディーが多彩

呼び鈴がなる受信機には、52種類もの呼び出し音が詰まっています。

だれもが一度は聞いたことがあるオーソドックスな音だけでなく、メロディーも多彩です。

いくつか音とメロディーを書き出してみます。

 

・低音から高音まで異なるバリエーションの「ピンポーン」や「ピンポン」

・ニワトリの鳴き声「コケコッコー」

・デパートの館内放送で流れる「ピン・ポン・パン・ポン」

・クリスマスに関連したメロディー

 

メロディーはなじみのあるものばかりです。

曲名が分からないため、載せていません。

「ピンポーン」は良いとしても、メロディーは長さが10~15秒くらいあります。

玄関チャイムにしては長すぎるようにも感じます。

ただしその間、受信機の青いLEDライトが点滅するので、耳をイヤホンで塞いでいたとしてもチャイムに気付けるはずです。

私は延長コードを使って受信機をパソコンの横の目につく場所に引っかけておきました。

 

注意点

最初はデフォルトの呼び出し音が「ピンポン、ピンポン」と2回鳴るため、好みのメロディーに変更したい場合は、ペアリングをする必要があります。

ペアリング自体は、簡単です。

まず受信機側のメロディーを好みのものに選択します。

つぎに受信機のボタンを長押しし、青いLEDライトが点滅している間に送信機のボタンを押すだけです。

自分の選択したメロディーが流れるはずです。

 

まとめ

もしもあなたの自宅で玄関チャイムの音が聞き取りづらいとしたら、今回紹介した「Homasy ワイヤレスチャイム」はお薦めです。

ワイヤレスの玄関チャイムがあれば、配達員の呼び出しを聞き逃すことも見逃すこともありません。

Homasy ワイヤレスチャイム 玄関チャイム ドアホン 呼び出しチャイム 呼び出し鈴 防水 防塵 無線ドアベル 電池式 広い無線範囲 52曲選択可 音量4段階調節可 インターホン(受信機1個 送信機1個)一年保証付き
by カエレバ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
玄関チャイム

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

学生時代は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間だった。成功した金持ちになりたくて、20代のときに自己啓発教材を買い漁る。心理学系の本や自己啓発系の本を読むのが好き。お金も好きなため、高額納税者で有名な斉藤一人氏の教えを実践する。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功した。