ワンコインで買えるコンパクトで丈夫なペンケース(Amazon☆5つ)のお薦め

ペンケース

本サイトの記事を読めば、500円以内で買えるコンパクトで丈夫なペンケースを知ることができます。

すでに愛用のペンケースをお持ちの方には不要な情報です。

 

さて、学生時代は必携だったペンケース(筆箱、筆入れ)。

あなたは社会人になってからもマイペンケースを持参しているでしょうか。

私は十数年以上、スーツの内ポケットかワイシャツの胸ポケットに多機能ペンを差して終わりでした。

多機能ペンとは赤、青、黒、緑のボールペンに加え、シャープペンシルが付いているという便利な筆記用具です。

文房具マニアなら、ジェットストリームのボールペンの書き心地の良さをご存知でしょう。

業界紙の記者だった私は、これ一本だけあれば、取材に不自由しませんでした。

仕事のときは常に携帯です。

ペンを忘れると、財布をどこかに落としたような不安な感覚になりました。

記者にとって、ペンは身体の一部と言っても過言ではありません。

 

ワンコインで評判の良いペンケース

大学入試以来、試験とは縁のなかった私ですが、このたび社会人としてある試験を受けることになりました。

社会人になれば、採用試験、昇進試験、各種検定試験などがあるかと思います。

試験前に、ないと困るのがペンケースです。

特に筆記試験の場合、消しゴムが必須です。

消しゴムを、いちいちスーツのポケットに忍ばせるのはためらわれます。

スマートに消しゴムとペンを収納できるペンケースの必要性を初めて感じました。

ワンコインで買えて長持ちするペンケースを探したところ、Amazonに良さそうな物がありました。

それが「エムプラン キュービックス ペンケース ミニ 」です。

ペンケース

2018年8月29日現在、6件あるレビューの評価はすべて5つ星(★★★★★)でした。

 

ペンケースの仕様

サイズは、「タテ4cm × ヨコ18cm × マチ3.5cm」とコンパクト。

素材には、リップストップナイロン生地が使われています

リップストップとは「 rip (裂ける、破ける)」「 stop (止める)」を意味します。

破れにくいナイロン生地だということです。

apparel fasion wiki 」のサイトに説明があります。

リップストップナイロンとは引き裂きに強い「格子状」の織模様があるナイロン織物のこと。

太い糸、または複数に撚った糸を格子状に織り込んでおり、万が一生地が裂けてもそれ以上の進行を防ぐ構造となっている平織の布地。

リップは裂けるという意味、リップストップとは裂け止めの意味である。

スポーツウェア、バッグ地などに使われる。

apparel fasion wiki 」より

 

この商品の素材は、パラシュートにも使われるくらい丈夫なようです。

Amazonの商品説明には、以下のように記されています。

【シンプルで使いやすい、ナイロン素材のペンケース】

丈夫で汚れにくくクッション性の高い素材を使用したペンポーチ。

しっかりしたつくりでごわつかず、長く使える製品です。

ペンや鉛筆などの筆記具のほか、消しゴムや定規などをスリムに収納できます。

コンパクトでセカンドバッグなどの小さめのカバンにいれてもかさばりません。

シンプルなつくりで、十分な容量とコンパクトなサイズを両立しました。

表地には丈夫なパラシュート素材、内側には裏地 + バイアステープ素材を使用しています。

ていねいな仕上がりです。

シンプルなデザインで、学生からビジネスパーソンまで、性別を問わずお使いいただけます。

キュービックスのペンケースは、丈夫なナイロン素材を使用したシンプルな筆箱。

豊富なカラーバリエーションも魅力。お好みに合わせてお選びください。

 

レビューの満足度は高い

最近は、やらせレビューも多いので注意が必要です。

ただ、今回の商品については、「やらせ」らしきレビューは見当たりませんでした。

レビューのいくつかを拾ってみます。

レビュー

  • 100均の物とどっちにしようか迷ってましたが、作りも素材も頑丈なのでこっちにして正解でしたこの価格と考えると申し分ないです。

  • 肌触りさらさらで頑丈でペンは5、6本入るサイズです!!

  • 2008年頃文房具屋で購入して今も使っています
    シャーペンやボールペンが4本、小さい消しゴムが一個、シャー芯の入れ物が一つ入ります。
    若干長めにできているので、消しゴムは両端のどちらかに入れています。
    買ったときは表面にツヤがありましたが、今では色あせてしまいました。
    しかし、チャックは壊れたことがないので、物はいいですよ。
    表地と裏地の間に綿が入っており、最初のうちはふわふわしています。

  • ペンケースの中にシリカゲルが入っているのも良心的
シリカゲル

 

3番目のレビューを読めば、耐久性が高く、10年以上もつことが分かります。

 

届いたペンケースとは

百均ストアでも、手頃なペンケースはあるでしょう。

でもたかだか数百円の違いです。

数百円ケチって1~2年で壊れるより、10年もつ方がいいに決まっています。

私は迷わずAmazonの注文ボタンを押しました。

色はカーキ、スカイブルー、チェリーピンク、ネイビー、ブラック、レッドから選べます。

私は、ビジネスで無難なブラックを選びました。

届いて商品を手に取ってみた感想は、予想以上に格子状の模様がくっきりしているということでした。

ペンケース

ペラペラの生地ではなく、じゃっかんの膨らみがあります。

以下の筆記用具を収納してみました。消しゴムはミニサイズです。

ペンと消しゴム ペンケース

すっぽりと収まります。

ペンケース

悪くありません。

ちなみに東急ハンズや紀伊国屋書店の文房具コーナーにも足を運んでみました。

1,000円以上の物がほとんどで、ワンコインで買えるペンケースはわずかです。

ワンコインで買えると言っても半透明のビニールでできた商品で、百均ストアでよく見かける代物です。

今回のペンケースは、あらためてコスパのよい商品だったことが分かりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ペンケース

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

学生時代は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間だった。成功した金持ちになりたくて、20代のときに自己啓発教材を買い漁る。心理学系の本や自己啓発系の本を読むのが好き。お金も好きなため、高額納税者で有名な斉藤一人氏の教えを実践する。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功した。