「BPA・BPSフリー」のウォーターボトルに替えたわけ

ナルゲンのウォーターボトル

BPA・BPSとは

BPA とは「ビスフェノールA」、BPS とは「ビスフェノールS」という化学物質で、人の健康に悪影響をもたらすと言われている。

公衆衛生の見地から、ビスフェノールAの摂取をできるだけ減らすことが適当と考えられる

参考:厚生労働省「ビスフェノールAについてのQ&A」より

BPAフリー」および「BPSフリー」とは、これらの化学物質が含まれていないことを指す。

欧米では BPA が含まれるプラスチック製品が回避されているほか、代替物質として利用される BPS も、研究によると「内分泌かく乱作用を有する」もよう。

BPA とは「ビスフェノールA」という名の化学物質のこと。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た作用を持ち、人や動物の健康にさまざまな影響を及ぼすとされているため、欧米では多くの消費者がBPAを含む製品を避けている。

参考:ナショナル ジオグラフィック「欧米で回避されるBPA、代替物質も有害?」より

BPS 及びBPFは、最新の科学文献に基づき、BPAと同じくらいホルモンとして活性であり、内分泌かく乱作用を有する。 

参考:内閣府食品安全委員会「食品安全関係情報詳細(資料管理IDsyu04230340301)」より

nalgene(ナルゲン)のウォーターボトル

環境にやさしい「飽和ポリエステル樹脂」採用

ナルゲンのウォーターボトルは、「BPA・BPSフリー」の製品だ。環境にやさしい「飽和ポリエステル樹脂」を採用している。

※正規代理店ハイマウント「nalgene – BOTTLEOTFアトランティス」より 
※正規代理店ハイマウント「nalgene素材について」より

飲み物にプラスチック臭を移さないほか、耐熱耐冷温度は100℃からマイナス20℃まで。淹れたてのコーヒーでも入れることができる。

丈夫で軽い

ステンレスマグに比べると、はるかに軽い。「広口Tritan フラットキャップ」(500ml)のボトルだと、重さ約85g。

※正規代理店ハイマウント「nalgene – BOTTLE 広口0.5L Tritan フラットキャップ」より

漏れないキャップ

独自のキャップシステムにより、完全密閉する。

※正規代理店ハイマウント「nalgene – BOTTLE 広口0.5L Tritan フラットキャップ」より

100均のドリンクボトルをやめた理由

※画像左が100均で購入したドリンクボトル

100均で購入したドリンクボトルは、とにかく価格がお手軽なので、当初は重宝していた。ただ使っているうちにデメリットも感じられるようになった。

耐熱ではない

耐熱容器ではないので、自宅で淹れたホットなコーヒーをそのままボトルに入れるのはご法度。熱い飲み物については、冷ます必要がある。

プラスチック臭が残る

香り高いコーヒーを入れて飲んでいたが、次第にプラスチック臭が鼻につくようになった。せっかくのコーヒーが台無しである。

丈夫でない

うっかり手を滑らせて、ドリンクボトルをセメント調タイルの床に落としたところ、ボトルが割れてコーヒーが飛び散った。

nalgene(ナルゲン)のウォーターボトルを愛用

※コーヒーを入れた「ウォーターボトル」

100均のドリンクボトルが割れたこともあり、コストとしては10倍以上になるものの、nalgene(ナルゲン)のウォーターボトルを利用することにした。

ホルモンに悪影響を及ぼすBPAやBPSが含まれていないので安心だ。

購入して1年以上経つが、通勤鞄に入れたウォーターボトルから、コーヒーが漏れたことはない。

これからも長く相棒として、活用してくれそうなボトルである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
モタヨシ
予備校時代1年間に加え、大学生活を5年間も送った。当時は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間。就職氷河期のため、就職活動に失敗。下積み時代が長引き、やさぐれる。一方で成功した金持ちになりたくて、「PMAプログラム(ナポレオン・ヒル)」や「SMIプログラム(ポール・J・マイヤー)」といった“禁断”の自己啓発教材に手を出す。お人好しすぎるため、販売業者の格好の餌食(カモ)になった。とはいえ、今でも心理学系や自己啓発系の本を読むのが好き。自己投資には熱心だが、借金をこさえてしまうなど、少しマネーリテラシーに欠ける。高額納税者で有名な斉藤一人氏が説く天国言葉「ツイてる。嬉しい。楽しい。幸せ。感謝してます。ありがとう。赦します」を唱えるようにしている。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。購入した商品で気に入ったモノは当ブログにて紹介している。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功。約1年半、コーヒー飲料を口にしなかった。2019年秋頃から再びコーヒーを飲み出す。メンタリストDaiGoが「コーヒーは便秘に効く」と動画で話していたのがきっかけ。一日中座りっ放しの仕事をしていると運動不足に。併せて、お通じの悪さが職業病になる。お通じを改善する「薬」としてコーヒーを飲用することにした。ただしほどほどに。いずれにしても一度決めたことは守るが、妄信するほど意固地ではない。昭和50年(1975年)生まれ。北海道出身。