真夏にかさばる羽毛布団の収納方法

布団圧縮袋

押入れに収納するには布団圧縮袋で圧縮

真夏に冬用の羽毛布団は使わないので、押入れに収納することになる。

狭い押入れだとかさばる上、押入れいっぱいに羽毛布団が広がり、隙間がなくなる。

不要な湿気もこもりやすい。

そのように考えて、布団圧縮袋を利用することにした。

Amazonで検索すると、一般的なシングル布団用タイプと、「防・ダニ退治」をうたう高機能タイプの2種類を発見。

created by Rinker
アール(R)
¥782 (2022/09/19 19:40:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アール(R)
¥1,282 (2022/09/19 19:40:45時点 Amazon調べ-詳細)

高湿度で黒カビが生える我が家の押入れは、ダニが歓喜し踊り回る環境だろうと考え、「防・ダニ退治」の高機能タイプを購入した。

株式会社アールが販売する圧縮袋をたまたま購入した。公式サイトをのぞいてみると、ラインナップが半端でない。使用目的に応じて、使い分けするとよさそうだ。

株式会社アール 布団圧縮袋
※株式会社アール 公式サイトより

圧縮袋を掃除機で吸引

羽毛布団を圧縮袋にたたんで入れ、スライダー付きチャックで閉める。

掃除機のホース先端の吸込口を、圧縮袋の吸引口に押し当ててスイッチをオン。

みるみるうちに圧縮袋が縮んでいった。

もうこれ以上は縮まないだろうという限界の状態で、掃除機の電源をオフ。

圧縮袋から空気が漏れ出ることはなかった。

せんべい布団のように薄っぺらくなったので、押入れにもラクラク収納。

押入れ内に余剰空間ができた。

掃除機の吸込仕事率は400W以上推奨

説明書によると、掃除機の「吸込仕事率」は400W以上が推奨されている。

それ以下だと、吸引力が不足して満足に圧縮させられないのかもしれない。

※株式会社アール 公式サイトより

自宅にある古いPanasonic製掃除機は吸込仕事率が600Wだったが、最近のキャニスター型掃除機の中には、軽量化に伴って吸込仕事率が300W台という機種も増えている。

掃除機がコードレスのスティックタイプだと、恐らく吸引力が足りないだろう。

所有する掃除機の吸込仕事率については、一応確認しておきたい。

効果が見込める「ダニフリーマット」

「防・ダニ退治」の役割を担うのが、同梱された「ダニフリーマット」。

天然ハーブの素材でできており、人体に無害。とはいえ、ハーブのにおいは強烈だ。

開封したとたん、一面にハーブのにおいが広がった。

ダニもさぞかし嫌がることだろう。

繰り返し使える圧縮袋

圧縮袋自体は使い捨てではなく、繰り返し使える。コスパに優れた商品だ。

ダニフリーマットについても、単品で販売されている。

なくなったら追加で購入したい。

created by Rinker
アール(R)
¥683 (2022/09/19 19:40:45時点 Amazon調べ-詳細)

布団圧縮袋は、押入れのスペースを広げ、防ダニ・防湿にも役立つ。

一方で、使用頻度は少ない。

シーズンごとの使用になりそうだ。

ただし、使い勝手は悪くないので、羽毛布団の収納には布団圧縮袋をお薦めする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
モタヨシ
予備校時代1年間に加え、大学生活を5年間も送った。当時は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間。就職氷河期のため、就職活動に失敗。下積み時代が長引き、やさぐれる。一方で成功した金持ちになりたくて、「PMAプログラム(ナポレオン・ヒル)」や「SMIプログラム(ポール・J・マイヤー)」といった“禁断”の自己啓発教材に手を出す。お人好しすぎるため、販売業者の格好の餌食(カモ)になった。とはいえ、今でも心理学系や自己啓発系の本を読むのが好き。自己投資には熱心だが、借金をこさえてしまうなど、少しマネーリテラシーに欠ける。高額納税者で有名な斉藤一人氏が説く天国言葉「ツイてる。嬉しい。楽しい。幸せ。感謝してます。ありがとう。赦します」を唱えるようにしている。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。購入した商品で気に入ったモノは当ブログにて紹介している。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功。約1年半、コーヒー飲料を口にしなかった。2019年秋頃から再びコーヒーを飲み出す。メンタリストDaiGoが「コーヒーは便秘に効く」と動画で話していたのがきっかけ。一日中座りっ放しの仕事をしていると運動不足に。併せて、お通じの悪さが職業病になる。お通じを改善する「薬」としてコーヒーを飲用することにした。ただしほどほどに。いずれにしても一度決めたことは守るが、妄信するほど意固地ではない。昭和50年(1975年)生まれ。北海道出身。