新電力の「Pontaでんき」とは

Ponta300ポイント還元

申込条件

「Pontaでんき」とは、KDDIの持ち株会社「auエネルギー&ライフ株式会社」が提供する電気サービスの一つ。

auやUQモバイル、povoの携帯電話サービスを利用する人で「Ponta会員IDとau IDを連携させている人」または、他社携帯電話サービスを利用していても「Ponta会員IDとau IDを連携させている人」なら、Pontaでんきに申し込むことで「毎月300ポイント」の還元が受けられる。

ただし条件があって、マンション一括受電サービスを導入している集合住宅オール電化住宅に住む人は対象外となる。

このほか、季時別プラン実量制契約法人契約の電気サービスを利用している人も対象外となる。

さらに、すでに新電力の電気サービスを利用している人なら、料金プランによって「Pontaでんき」に切り替えられない場合もある。

※Pontaでんきのサイトより

すでに新電力の電気サービスを利用している人なら、使っている料金プランが「Pontaでんき」に切替可能なのか、確認する必要がある。

あらかじめ「KDDIお客様センター(でんき)」に問い合わせるとよいだろう。

※Pontaでんきのサイトより

電気代はそのまま変わらず

2016年の電気小売自由化に伴って「新電力」が誕生。「Pontaでんき」は「新電力」のサービスの一つだが、北海道電力や東京電力などの「旧・一般電気事業者」と比べて、電気代が安くなるわけではない。

※Pontaでんきのサイトより

私の場合、北海道電力の「従量電灯B(15アンペア)」のプランを契約していた。

「Pontaでんき」に切り替えても、電気代はほとんど変わらなかった。

これはKDDI系のでんきサービスである「auでんき」「BIGLOBEでんき」などでも同様である。

※auでんきのサイトより

Pontaポイントの還元がお得

電気代が安くなるわけではないのに、「Pontaでんき」に申し込むメリットは何か。

それはPontaポイントによるポイント還元である。

2021年12月20日から「Pontaでんき」の特典が変わり、よりお得になった。

それが「電気代にかかわらず一律 300ポイント 還元」というものだ。

年間だと「300ポイント×12ヵ月=3,600ポイント」の特典が受けられる。

※PontaでんきのPC用「でんきアプリ」より

BIGLOBEでんきの場合は、残念ながら電気代にもよるが、ほぼ毎月50ポイント未満しか付与されなかった。

※BIGLOBEでんきのPC用「でんきアプリ」より

同じKDDI系のでんきサービスだが、「BIGLOBEでんき」から「Pontaでんき」に切り替えただけで、もらえるポイントが「50ポイント×6倍=300ポイント」になった。

もしも私と同じように単身者で月々の(請求金額の)電気代が5~6,000円程度という人がいるなら、電気代は安くならないものの、ポイント還元のメリットが大きい「Pontaでんき」をお薦めしたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
モタヨシ
予備校時代1年間に加え、大学生活を5年間も送った。当時は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間。就職氷河期のため、就職活動に失敗。下積み時代が長引き、やさぐれる。一方で成功した金持ちになりたくて、「PMAプログラム(ナポレオン・ヒル)」や「SMIプログラム(ポール・J・マイヤー)」といった“禁断”の自己啓発教材に手を出す。お人好しすぎるため、販売業者の格好の餌食(カモ)になった。とはいえ、今でも心理学系や自己啓発系の本を読むのが好き。自己投資には熱心だが、借金をこさえてしまうなど、少しマネーリテラシーに欠ける。高額納税者で有名な斉藤一人氏が説く天国言葉「ツイてる。嬉しい。楽しい。幸せ。感謝してます。ありがとう。赦します」を唱えるようにしている。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。購入した商品で気に入ったモノは当ブログにて紹介している。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功。約1年半、コーヒー飲料を口にしなかった。2019年秋頃から再びコーヒーを飲み出す。メンタリストDaiGoが「コーヒーは便秘に効く」と動画で話していたのがきっかけ。一日中座りっ放しの仕事をしていると運動不足に。併せて、お通じの悪さが職業病になる。お通じを改善する「薬」としてコーヒーを飲用することにした。ただしほどほどに。いずれにしても一度決めたことは守るが、妄信するほど意固地ではない。昭和50年(1975年)生まれ。北海道出身。