BIGLOBEでんきとPontaでんき、どちらがお得?

Pontaでんきがお薦め

独身・ワンルームなら圧倒的にPontaでんきがお得

auの携帯電話サービスを提供するKDDI株式会社。このKDDIが2022年7月1日に「auエネルギー&ライフ株式会社」を設立。現在、KDDIの持ち株会社であるこの「auエネルギー&ライフ株式会社」が各種電気サービスを提供している。

KDDI系の電気サービスで筆頭に挙がるのが「auでんき」。知名度が高い。auショップに足を運んだことのあるユーザーなら、必ず一度は勧誘される。

※auでんきのサイトより

一方で、「auエネルギー&ライフ株式会社」は、BIGLOBEでんきやPontaでんきといった別ブランドのでんきサービスも提供している。

※BIGLOBEでんきのサイトより

サービス自体の中身はほぼ一緒。電気代も変わらない。

※Ponta Webのサイトより

ポイント還元では、Pontaでんきがお得

で、何が違うのかと言うと、ポイント還元のお得さが違う。

もし、あなたが独身・ワンルーム住まいなら、迷うことなく「Pontaでんき」を推奨する。何しろ、Pontaでんきは電気代にかかわりなく、毎月300ポイントが付与されるからだ。

1年間だと、「300ポイント×12ヵ月=3,600ポイント」。

3,600円分がお得になる。電気代を3,600円安くしたようなものだ。

auでんきとBIGLOBEでんきだと、こうはいかない。

こちらは電気代によってポイントの還元率が異なってくる。

※auでんきのサイトより
※BIGLOBEでんきのサイトより

ともに、月々の電気代が5,000円未満ならポイント還元率は 1パーセント、5,000円以上8,000円未満ならポイント還元率は 3パーセント、8,000円以上ならポイント還元率は 5パーセントとなる。

電気代を7,999円使う家庭なら、還元されるポイントは、約240ポイント

電気代を8000円使う家庭なら、還元されるポイントは、約400ポイントとなる。

auでんきもBIGLOBEでんきも、auやBIGLOBEのサービスを利用して初めて上記のポイント還元率が適用される。

他社携帯電話を利用していたり、他社インターネットサービスを利用していたりすると、上記のポイント還元率が適用されないので注意が必要。

ファミリー世帯ならBIGLOBEでんきがお薦めか?

一般的にファミリー世帯で、電気をよく利用する家庭なら、auでんきやBIGLOBEでんきの方が「お薦め」ということになるが、事はそう簡単ではない。

落とし穴があることを見落としてはならない。ポイント還元率に潜む “ 狡猾な罠 ” とも言える。

ポイント還元率の計算に潜む “ 狡猾な罠 ”

赤字で囲った部分が「※」印の一文が要注意だ。

「燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除いた金額です」とある。

そう、ポイントが適用される電気代とは「燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額を除いた金額」となる。

われわれは、電気代として8,000円の請求があれば、ポイント還元率も 5パーセントになると安易に考えるが、そうは問屋が卸さない。

8,000円とは、あくまで「燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額」が含まれての金額となる。

だから、「燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額」を除いた、いわば “ 純粋な ” 電気代は、5,000円台であることもあり得る。

電気代の請求は8,000円だったとしても “ 純粋な ” 電気代は、5,000円台。とすれば、ポイント還元率は、せいぜい 3パーセントになる。

ちなみにウクライナ情勢などを受けて、電気代が高騰している昨今、燃料費調整額も上がっている。

※北海道電力のサイトより

一般的な「従量電灯B」プランを使っているとすれば、燃料費調整額は1kWh当たり「3円66銭」(2022年9月分)。4月当初は「1円40銭」だったから3倍近く跳ね上がっている。

毎月200kWh電気を使っているとすれば、「200kWh×3.66円=732円」にもなる。

以下は、北海道電力のサイトから「従量電灯B」(20アンペア)の契約で月に「217kWh」の電気を利用したと仮定して料金を試算したもの。

※北海道電力のサイトより

請求金額は 8,035円だが、「燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税相当額」が含まれての金額となる。

では、auでんきやBIGLOBEでんきで、ポイント還元率が適用される “ 純粋な ” 電気代はいくらになるだろうか。

以下のように計算すると、“ 純粋な ” 電気代は 5,903円

8,035円-748円(再生可能エネルギー発電促進賦課金)=7,287円

7,287-794円(燃料費調整額)=6,493円

6,493円-590円(消費税相当額)=5,903円

Pontaポイントの還元率は 3パーセントなので、約 177ポイントがもらえることになる。

いかがだろうか。少なくないだろうか。

電気代で8,000円以上の請求があるのに、還元されるのはたったの177ポイント。

だったら、Pontaでんきを使って、電気代にかかわらず一律に300ポイント還元された方がよくないだろうか。

※ただし、ファミリー世帯で、月々の電気代の請求が20,000円近くあるというなら、話は別。auでんきやBIGLOBEでんきの還元を受けた方が、お得になる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
モタヨシ
予備校時代1年間に加え、大学生活を5年間も送った。当時は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間。就職氷河期のため、就職活動に失敗。下積み時代が長引き、やさぐれる。一方で成功した金持ちになりたくて、「PMAプログラム(ナポレオン・ヒル)」や「SMIプログラム(ポール・J・マイヤー)」といった“禁断”の自己啓発教材に手を出す。お人好しすぎるため、販売業者の格好の餌食(カモ)になった。とはいえ、今でも心理学系や自己啓発系の本を読むのが好き。自己投資には熱心だが、借金をこさえてしまうなど、少しマネーリテラシーに欠ける。高額納税者で有名な斉藤一人氏が説く天国言葉「ツイてる。嬉しい。楽しい。幸せ。感謝してます。ありがとう。赦します」を唱えるようにしている。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。購入した商品で気に入ったモノは当ブログにて紹介している。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功。約1年半、コーヒー飲料を口にしなかった。2019年秋頃から再びコーヒーを飲み出す。メンタリストDaiGoが「コーヒーは便秘に効く」と動画で話していたのがきっかけ。一日中座りっ放しの仕事をしていると運動不足に。併せて、お通じの悪さが職業病になる。お通じを改善する「薬」としてコーヒーを飲用することにした。ただしほどほどに。いずれにしても一度決めたことは守るが、妄信するほど意固地ではない。昭和50年(1975年)生まれ。北海道出身。