ポーターの鞄のファスナーを修理したら値段はいくらか

ポーター鞄ファスナー

 

結論から言うと、鞄のファスナー修理には 税込6,600円(2020年2月時点)かかりました。

修理したのは、吉田カバンのポーター「テンション」(2WAYブリーフケース、定価税込29,150円)のファスナーです。

※画像は吉田カバン公式サイトから

ポーター「テンション」自体は、2017年11月に購入しました。

 

床に置くと倒れずに自立する鞄です。

created by Rinker
PORTER(ポーター)
¥29,150 (2020/12/03 08:19:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

ファスナーが壊れたきっかけは、ポーター「テンション」をカメラバッグ代わりに利用したことです。

※画像はニコン公式サイトから

2020年1月、旅行先でニコンの一眼レフカメラ(D5500)を何度も出し入れしたところ、かさばるカメラだったため、何度もファスナーを開け閉めしている間にファスナーに引っ掛かりを覚えるようになり、最終的にはファスナーが壊れました。

 

ファスナーで閉じたはずの部分が、少し押し広げるとビローンと開いたままになり、二度と閉まらなくなったのです。

吉田カバンの専門店「クラチカ」に修理をお願いしたところ、新品のファスナーに付け替えてもらうことができました。

 

修理代金は税込6,600円、修理にかかった日数は42日間になります。

 

2~3カ月かかると言われていたのですが、1月から2月にかけては閑散期だったのか、早く仕上がってきました。

 

以前使っていたポーターの「クリップ」(2WAYブリーフケース、税込23,650円)は、ほぼ毎日利用して10年以上もちましたので、「テンション」のファスナーが2年ちょっとで壊れたことはショックでした。

 

でも、吉田カバンの専門店に行って、修理してもらえたので安心しました。

 

やや割高な鞄ですが、その分、長く利用できそうです。

 

修理の受付店舗

吉田カバンの専門店「クラチカ バイ ポーター 札幌」を利用しました。

クラチカ」は、全国に15店舗あります。

 

札幌以外では、仙台、新宿、渋谷、池袋、横浜、京都、難波、神戸、福岡などに店舗を構えています。

 

海外では、香港や台湾にも「クラチカ」があります。

 

ポーターの鞄を修理したいなら、吉田カバンの専門店「クラチカ」に行くと、間違いなく対応してもらえます。

 

修理の内容

今回は、鞄のファスナーを修理してもらいました。

来店時にスタッフに相談すれば、修理にかかる概算の見積金額(工賃)を教えてもらえます。

 

修理とは異なりますが、バリスターナイロンを使った吉田カバンの「ヒート」(ブリーフケース)のマグライトが邪魔だったので、純正の引き手(プルタブ)に交換してもらいました。

※画像は吉田カバン公式サイトから

「ヒート」のマグライトは、見た目は格好いいのですが、鞄を持ち歩くと盛大に揺れて、あちこちにぶつかります。

 

地下鉄の自動改札機を通り抜けようとしたら、揺れたマグライトがバシッと機械に当たるので、取り外すことにしました。

 

純正の引き手(プルタブ)は「クラチカ」で購入できます。

引き手(プルタブ)

価格は330円(税込)でした。

 

ファスナーの修理以外にも、不具合についてスタッフに相談すれば、いろいろと相談に乗ってもらえます。

 

 

余談ですが、ポーターの「ヒート」(ブリーフケース)は、カメラバッグの代わりになるほど、収納力が優れた商品です。

仕上がりまでの期間

修理には2~3カ月かかると言われていましたが、実際は42日間でした。

 

ポーター「テンション」を預けたのが、正月が明けて間もない2020年1月5日。

修理完了の連絡があったのは2月15日です。

 

6週間で仕上がったことになります。

 

年明けのすぐに預けたので、通常よりも早く修理が終わったのではないかと思います。

 

公式サイトによると「コロナ禍の終息が見えない状況のため、お預かりする期間が長期に及ぶ可能性がございます」とあるので、現在はもっと長くかかるかもしれません。

 

ファスナー修理にかかる値段

修理の値段は、すでにお伝えした通り、税込 6,600円です。

 

職人さんが、糸をほどいて古いファスナーを取り外し、新しいファスナーを鞄に縫い付けた手間と時間を考えると、決して高くはないと思います。

 

ちなみに、修理後に古いファスナーも一緒に返ってきました。

きちんと修理したという「証拠品」になります。

 

吉田カバンの専門店「クラチカ」では、修理完了した商品を、見るからに高価そうな袋と紙バッグに詰めてくれましたが、これは正直なところ過剰包装だと感じました。

袋と紙バッグは要らないから、その分、割引してほしいと思ったほどです。

まとめ

吉田カバンのポーターは、決して安くはありませんが、それだけに修理対応してもらえるのが助かります。

 

良いモノを長く使うと同時に、モノの安易な廃棄を防止するという意味では、昨今よく耳にする「SDGs」(エス・ディー・ジーズ)の実現につながるかもしれません。

 

定価3万円近くする鞄のファスナーを値段7千円もかからずに修理してもらえるなら、私なら安いと考えます。

 

ポーターの鞄は、仮に修理が必要になったとしても、10年間は使い続けたいものです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ポーター鞄ファスナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

学生時代は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間だった。成功した金持ちになりたくて、20代のときに自己啓発教材を買い漁る。というよりお人好しだったので高額教材販売業者のカモになる。とはいえ、今でも心理学系や自己啓発系の本を読むのが好き。マネーはもちろん好きだが、マネーリテラシーに欠ける。高額納税者で有名な斉藤一人氏が説く天国言葉「ツイてる。嬉しい。楽しい。幸せ。感謝してます。ありがとう。赦します」を唱える。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功。約1年半珈琲を飲まずにいたが、2019年秋頃から再び飲み出す。メンタリストDaiGoが「珈琲は便秘に効く」と動画で話していたのがきっかけ。一日中座りっ放しの仕事をしていると、便秘が職業病になる。いずれにしても信念は固いが、信念に頑迷に凝り固まることはない。