【INAXトイレタンクの修理】オーバーフロー管が折れて水漏れ

材料

根元から折れたオーバーフロー管を、自力で修理しました。

あなたがもし INAX(現在はLIXIL)製の古いトイレを使っているなら、要注意です。

オーバーフロー管が折れて、水漏れが止まらなくなるかもしれません。

 

オーバーフロー管が折れた経緯

我がマンションは築30年以上が経過。必然的にトイレタンクも設置後30年以上が経っています。

タンクの中は黒カビで真っ黒です。

タンクのカバーを持ち上げると、筒状の管が水面上に突き出ています。

これがオーバーフロー管です。

オーバーフロー管とは、タンクに給水された水があふれ出る(=overflowする)のを防ぐためのパイプです。

INAX のオーバーフロー管は、ネットでググれば「折れた」故障が多発していることが分かります。

INAX 以外のメーカーの製品には、発生しない不具合のようです。

我がマンションのトイレは INAX製です。

INAX製のトイレ

御多分に漏れず、折れました。

 

下の画像は、折れたオーバーフロー管。

折れたオーバーフロー管

 

オーバーフロー管に付着した黒カビを取ろうとして雑巾でぬぐったところ、ポキリと根元から折れました。

折れたら大変です。

タンク内の水が折れたところの穴に吸い取られて便器に流れます。

併せて、管から水がすごい勢いで給水され、止まりません。

手洗い管を取り外していたので、噴水のような水が床にジャバジャバと音を立ててこぼれます。

焦りました。

止水栓があったので、マイナスドライバーで回しますが、固くて回りません。

止水栓

力を入れて再度回したところ、ようやくネジが動き出し、水も止まりました。

 

下の画像は、タンク内でオーバーフロー管が根本から折れた様子。
接着剤の残骸が残っているので、以前にも修理していると思われます。

トイレタンク

 

修理方法を検討する

当初は「オーバーフロー管」の名前さえ知りませんでした。

検索すると INAX製のトイレのオーバーフロー管が折れやすいことが分かりました。

参考1:「INAXロータンク オーバーフロー管折れ

参考2:「隠蔽はイカンですよ

参考3:「トイレの水漏れが止まらない:自分で修理

参考4:「INAX オーバーフロー管折れ

参考5:「トイレ便器のオーバーフロー管が折れた

参考6:「INAX トイレ タンク オーバーフロー管 修理 / アメージュ BC-220P DT-3820

参考7:「INAXのトイレの故障その1

 

INAX製のオーバーフロー管は構造的な欠陥を抱えているようです。

 

直すのに一番良いのは、オーバーフロー管(フロート弁)を丸ごと交換することです。

ただ、交換するにはタンクを取り外し、ウォーターポンププライヤーという工具で部品を取り外さなければなりません。

※画像:ウォーターポンププライヤー

タンクは陶器製です。下手をしたら割れる恐れもあります。

そこで次善の策として、上記の参考ブログにあるように塩ビパイプで補強し、接着剤で接続する方法を採用することにしました。

これだけでも業者に依頼すると、1万円は請求されるようです。

参考8:「続・INAXオーバーフロー管折れ…

 

ホームセンターで部品を購入。接着剤は超強力

さっそく近所の「DCMホーマック」に足を運びます。

塩ビパイプは12cmほどあれば十分なのですが、1mのものしかありませんでした。

(片側を切断すれば、TSユニオンソケットでも代用が利くようです。参考:「濡れ濡れドツボ」)

画像:TSユニオンソケット

 

塩ビパイプを切断するノコギリも安い物を選びます。

木工用ではなく、鋼材にも使えるタイプです。

接着剤は、強粘着で水に強く屋外でも使えるタイプを選びます。

しかも「プラスチックもOK」という商品です。

塩ビパイプに巻くテフロン製のシールテープも購入します。

「シールテープ」は粘着剤が付いているわけではありません。

シールテープは配管のつなぎ目に使うテフロン製のシールです。凹凸がある部分にも密着するので、オイル漏れなどを防ぐためにさまざまな配管の保護に使われています。

参考:「モノタロウ」より

 

折れたオーバーフロー管は内径が23mmです。

塩ビパイプは外径が22mmの「VP-16」を選びます。

折れたオーバーフロー管の中にすっぽりと入ります。

以下に購入した商品と価格を記します。

仕入れた材料と費用

  • 塩ビパイプVP-16 1m  246円
  • アルミフレーム金切鋸   537円
  • ボンドウルトラ多用途SUプレミアムソフト(接着剤) 615円
  • カクダイシールテープ  62円

合計 1,460円

材料

 

塩ビパイプをカットするのには、力が要りました。

ゴムの滑り止めが付いた軍手でしっかりパイプを押さえ、ノコギリで切断しました。

塩ビパイプ 塩ビパイプ

塩ビパイプにはシールテープを巻き付けます。

塩ビパイプ

こうすれば、オーバーフロー管と密着し、すき間が減ります。

さらに塩ビパイプの全面に接着剤を塗りたくります。

オーバーフロー管に取り付けたら、さっそくトイレのタンクに行って、折れた場所に塩ビパイプを差し込みます。

折れた場所には、すき間が生じないように接着剤を盛ります。

手が届かないので、私は菜ばしを使って接着剤を塗りたくりました。

オーバーフロー管

 

こうして一昼夜置いて、タンクに水を貯めたところ、水が漏れることはありませんでした。

修理が無事に完了です。

接着剤には安い物もありますが、水中で使用するので、なるべくなら強粘着タイプの高い物を選んだ方がよいでしょう。

接着剤だけはケチらない方が無難です。

 

まとめ

トイレの床が水浸しになったときは、どうしたものかと途方に暮れました。

けれどもググれば解決策が出てくるものです。

ネットの情報を参考に、修理したら直りました。

何事も試してみるものです。

 

DCMホーマックのお店に行ったら、展示されているトイレはTOTO製のみでした。

今回の件を教訓に、もし私がトイレメーカーを選ぶ立場だったら、TOTO製を検討したいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
材料

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

学生時代は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間だった。成功した金持ちになりたくて、20代のときに自己啓発教材を買い漁る。心理学系の本や自己啓発系の本を読むのが好き。お金も好きなため、高額納税者で有名な斉藤一人氏の教えを実践する。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功した。