手ぼうきノズル(AMC-ANT1)が便利だった件

手ぼうきノズル

掃除機のアタッチメントの一つ

現在、ほぼ毎日、何かしら掃除機を動かしている。

ワンルームの賃貸マンションなので、3分もあれば、部屋全体の掃除が終わる。

掃除機自体は、すでに廃盤のPanasonic製品「MC-PA22G」(2013年製造)で、やや古い。

※Panasonic「電気掃除機」のサイトより

「LEDナビライト」という機能があるので、ゴミを感知すると赤いライトが光る。この機能のお陰で、掃除機をかけるのが「楽しく」なった。

LEDの赤いライトが点灯する場所はゴミが多く、ライトが消灯すればゴミが取れたというサインになる。

運転音は「約53dB~58dB」だったので、静音さもウリにしている商品だった。

残念ながら、最近の掃除機は「軽さ」をウリにしているため、静音性能が犠牲になっている。

Panasonic製のキャニスター型掃除機で「約53dB~58dB」という静音性能に匹敵する商品はもはや見当たらないので、残念だ。

キャニスター掃除機とは、モーターやダストボックスが搭載されたタイプの掃除機。本体を床に置き、パイプを持ちながら使用する。本体にはキャスターがついており、転がすように移動させながら使用する。 

参考:SAKIDORI「【2022年版】キャニスター掃除機のおすすめランキング20選。人気モデルをご紹介」より

このPanasonic製掃除機の純正アタッチメントに「手ぼうきノズル AMC-ANT1」がある。

※Panasonic「手ぼうきノズル AMC-ANT1」より

これが便利で重宝している。

机の上のほこりを吸いたいとき、アタッチメントの吸込口が三本のパイプ状なので、誤って消しゴムや付箋などの小物を吸い込む恐れがない。

ブラシなので、ほうきのようにゴミを掃いて吸うことができる。

衣類収納ボックスの溝のほこりや、本棚に並ぶ本の「天」の部分のほこりを吸うときなどに手ぼうきノズルが役に立つ。

※株式会社第一印刷「本の構造と各部名称」より

手ぼうきノズルはすっかり「生活の一部」と化しているため、ないとソワソワして落ち着かなくなる。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥1,064 (2022/09/19 08:01:10時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
モタヨシ
予備校時代1年間に加え、大学生活を5年間も送った。当時は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間。就職氷河期のため、就職活動に失敗。下積み時代が長引き、やさぐれる。一方で成功した金持ちになりたくて、「PMAプログラム(ナポレオン・ヒル)」や「SMIプログラム(ポール・J・マイヤー)」といった“禁断”の自己啓発教材に手を出す。お人好しすぎるため、販売業者の格好の餌食(カモ)になった。とはいえ、今でも心理学系や自己啓発系の本を読むのが好き。自己投資には熱心だが、借金をこさえてしまうなど、少しマネーリテラシーに欠ける。高額納税者で有名な斉藤一人氏が説く天国言葉「ツイてる。嬉しい。楽しい。幸せ。感謝してます。ありがとう。赦します」を唱えるようにしている。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。購入した商品で気に入ったモノは当ブログにて紹介している。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功。約1年半、コーヒー飲料を口にしなかった。2019年秋頃から再びコーヒーを飲み出す。メンタリストDaiGoが「コーヒーは便秘に効く」と動画で話していたのがきっかけ。一日中座りっ放しの仕事をしていると運動不足に。併せて、お通じの悪さが職業病になる。お通じを改善する「薬」としてコーヒーを飲用することにした。ただしほどほどに。いずれにしても一度決めたことは守るが、妄信するほど意固地ではない。昭和50年(1975年)生まれ。北海道出身。