業務用の除菌アルコールがコスパ良好

除菌アルコール

大容量5リットルの除菌アルコール液

ドラッグストアに陳列されている除菌アルコールスプレー。

キッチンだけでなく、お手洗いでも使える優れもの。

ところが、2020年のコロナウイルス蔓延により、店頭から除菌アルコール液が一斉に姿を消した。

超品薄商品となったため、AmazonやYahoo!などの通販サイトでは、除菌アルコール液の価格が暴騰。

転売屋がのさばり、非難を浴びた。

除菌アルコールスプレーを常用していた私も、入手困難となって頭を抱えた。

必死で探したところ、運良く「オフィス・デポ」(現在閉鎖、後継は「フォレストウェイ」)という法人向けサイトに、業務用アルコール液が販売されているのを発見。

大容量5リットルサイズなのに、送料込約3千円で購入できた。

以後、空になったスプレー容器に詰め替えて使用している。

詰め替えの手間はかかっても、コスパは良好。チマチマと除菌アルコールスプレーを買うことはなくなった。

除菌アルコールスプレーの用途

キッチン周りや便座の除菌といった用途だけでなく、おしり拭きにも使える。

トイレットペーパーにアルコールを吹きかけて、おしりを拭く。アルコールなので、トイレットペーパーがポロポロと溶けることもない。

おしりはいつも清潔感が保たれる。

トイレにウォッシュレットが付いていない人は、代用品として除菌アルコールスプレーをお薦めしたい。

おしりが清潔なのは、メンタル的にも気持ちがいい。

市販されている下記の「サニーナスプレー」よりもコストがかからない。

気兼ねなく大量にスプレーして使える。

created by Rinker
サニーナ
¥600 (2022/09/19 07:24:20時点 Amazon調べ-詳細)

詰め替えに漏斗は不要

業務用除菌アルコールにも、いろいろあるが、個人的には付属の注ぎ口が役に立つ「アルコール除菌EX」をお薦めしたい。

created by Rinker
らくハピ
¥3,036 (2022/09/19 07:24:21時点 Amazon調べ-詳細)

もともと付いているキャップを取り外し、付属の注ぎ口を取り付ければ、詰め替えのときに液がこぼれることがない。

注ぎ口が付いていないタイプの商品だと、漏斗はあった方がいい。注ぎ口が大きいので、詰め替えのときに液体がこぼれやすい。

気になるのは、業務用除菌アルコールの価格が上昇傾向であること。

コスパを気にする者としては「コスパ最高!」とまで言えず、少し残念だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
モタヨシ
予備校時代1年間に加え、大学生活を5年間も送った。当時は(そして今も?)典型的なモラトリアム人間。就職氷河期のため、就職活動に失敗。下積み時代が長引き、やさぐれる。一方で成功した金持ちになりたくて、「PMAプログラム(ナポレオン・ヒル)」や「SMIプログラム(ポール・J・マイヤー)」といった“禁断”の自己啓発教材に手を出す。お人好しすぎるため、販売業者の格好の餌食(カモ)になった。とはいえ、今でも心理学系や自己啓発系の本を読むのが好き。自己投資には熱心だが、借金をこさえてしまうなど、少しマネーリテラシーに欠ける。高額納税者で有名な斉藤一人氏が説く天国言葉「ツイてる。嬉しい。楽しい。幸せ。感謝してます。ありがとう。赦します」を唱えるようにしている。Amazon、楽天などの通販をよく利用する。購入した商品で気に入ったモノは当ブログにて紹介している。長年カフェイン中毒という強烈な依存症に侵されていたが、2018年5月離脱に成功。約1年半、コーヒー飲料を口にしなかった。2019年秋頃から再びコーヒーを飲み出す。メンタリストDaiGoが「コーヒーは便秘に効く」と動画で話していたのがきっかけ。一日中座りっ放しの仕事をしていると運動不足に。併せて、お通じの悪さが職業病になる。お通じを改善する「薬」としてコーヒーを飲用することにした。ただしほどほどに。いずれにしても一度決めたことは守るが、妄信するほど意固地ではない。昭和50年(1975年)生まれ。北海道出身。